山形牛のシャトーブリアン

庶民にとって、牛肉のステーキ、ビフテキなどという料理は、いわゆる高級料理に位置づけられているものです。もちろん一般論として、牛肉は他の食肉と比較すると、飼育や設備に費用がかかる分、高価であるというのが大半に意見でしょう。
そのような高級料理の牛肉のステーキの中にあって、ひときわその高級感際立つイメージを持っている料理というと、おそらくシャトーブリアンステーキを挙げる人が多いのではないでしょうか。

米沢牛 通販

シャトーブリアンは、牛肉の中でも最も高級であり、稀少部位でもあるヒレ(フィレあるいはテンダーロインとも言う)肉の一部であり、しかもその中央の最も美味しい部分というのが一般的な規定と言われています。そもそも一頭の牛からわずかしか取れないヒレ肉のなかで、さらにわずかな一部分ということであれば、その希少性が如何ほどかおわかりになることでしょう。仮にヒレ肉が7キログラム程度として、どんなに多く見積もっても2キログラム(1キログラムも取れないという説もある)も取れれば上出来というのが、このシャトーブリアンのすごいところでもあるのです。

わかさの鉄|鉄サプリメントの通販|わかさ生活 | わかさショッピング

名前の由来はわりと有名で、フランスの政治家フランソワ=ルネ・シャトーブリアンという人物の料理人が考案したといわれています。フランソワ=ルネ・シャトーブリアンはあまりにも美味しいその料理を毎日のように食べ続け、いつしかその料理が彼の名で呼ばれるようになったというわけです。

山形牛のシャトーブリアンも、当然、山形牛のなかで最も高級な部位であり、その味わいは絶品であることに間違いありません。脂肪分が少なく、肉質は非常にきめが細かく、一度食べたなら決して忘れることが出来ないほど美味であるとさえ言われるほどです。
海外では2人前で注文することが決まりとなっている場合もあるようですが、日本のフレンチレストランなどで扱われている場合、一人前の注文が可能となっていることも多いようです。折角の肉質を味わいつくすためには、出来るだけレアに近い状態で食べるほうが良いとも言われていますが、

佐賀県:さあ はじめよう!和牛放牧(和牛の放牧マニュアル)をご活用下さい

もちろん、シャトーブリアンを部位として見た場合、その部位はそう呼ばれる前から存在していたわけで、実際にはヒレの中央部分、あるいはそのステーキをそう呼んでいるに過ぎず、ヒレステーキとなんら変わらないという見方もあります。それでもやはり牛肉好きであれば一度は食べてみたいと思えるほど、シャトーブリアンには魅力があるのです。