恋人もネット通販で売ってればいいのに

最近よく思うことがあります。それは、「恋人もネット通販で売っていればいいのに」ということです。

Pocket WiFi【GP02】 アップデートツールダウンロード - データ通信端末 | イー・モバイル

男と女がお付き合いをするには、色々と面倒な段階を踏む必要があります。まずは出会いです。出会わなければ、恋が発生しません。出会って、その人が気になり出すと、その人のことを知りたいと思うようになります。相手のことを知るためには、距離を縮める必要があります。そのためには、連絡先を聞いてメールや電話をしたり、実際に会って会話をしたりします。それを繰り返しているうちに、やがて「この人のことが好きだな」と意識するようになります。「あの人も私のことを好きかしら?」と悶々とした夜を過ごすことでしょう。相手の自分への気持ちを確かめたいと思ったら、自分の気持ちを相手に伝えます。両思いであればカップル成立、片想いであれば次の相手を探すことになります(何度もチャレンジする辛抱強い人もいますが)。

何と面倒くさいことでしょう。考えるだけでうんざりします。

スパイウェアにご注意ください | JAバンク

そこで思うのが、恋人をネットで買うという発想です。もちろん相手は人間ですから、冗談です。冗談ですが、そんな妄想をしてしまうことがあるのです。

例えば、写真で相手の顔を見ます。人物紹介でその人の学歴や職業、趣味や結婚歴などを確認します。気に入った人がいたら、ワンクリックで購入です。もし、そのサイトに福山雅治さんが売っていたならば、きっと1,000万円でも買う人はたくさんいるのでしょう。いや、1億円でも即販売終了になるかもしれません。明日にはその人が私の恋人として家にやってくるのです。何て素敵なお買い物でしょう。

お客様の声

こんなことを考えているから恋人ができないのかもしれません。